You are here

食事で疲労回復

Primary tabs

ご飯と味噌汁にそして梅干
牡蠣にレモン
豚肉と玉ねぎとにんにくの芽の炒め物 source: livedoor.blogimg.jp
緑茶
お菓子

自己修復のためのエネルギーを補給します。

  • ご飯と味噌汁に梅干

見慣れた食事ですが、実はすごい効果。 ご飯とみそ汁からアミノ酸、梅干のクエン酸。 忙しい人は、梅干おにぎりとみそ汁で。

アミノ酸は、肌や筋肉であるタンパク質を作るのに欠かせません。酸っぱいものによく含まれているクエン酸は、疲労物質である乳酸を分解し、肉体疲労回復にも精神疲労回復にも効果があります。

  • 牡蠣にレモン

牡蠣の亜鉛とタウリン、レモンのクエン酸です。 牡蠣と同様に、ステーキや焼き鳥も亜鉛を多く含みます。

亜鉛は、タンパク質やDNAの合成に欠かせませんし、新陳代謝を促し免疫力をアップさせて疲労回復にも効果があります。クエン酸やビタミンCと亜鉛を同時に摂取すると吸収率がアップします。 魚、イカ、タコ、貝など魚介類に多く含まれるタウリンは、牡蠣に特に多く含まれ、肝臓機能を調整し、体のむくみ、息切れにも効果を発揮します。

  • 豚肉、玉ねぎ、にんにくの芽の炒め物

豚肉のビタミンB1、玉ねぎとニンニクのアリシンです。

アリシンは、にんにくやねぎなど香りの強い野菜に含まれ、ビタミンB1と同時に摂取することで疲労回復効果が更にアップします。

  • 緑茶

ビタミンEが不足すると、赤血球の寿命が短くなり、疲れやすくなる、集中力が低下、筋力が弱まるなどの症状がでてきます。

  • お菓子

過剰な糖分、塩分の分解は肝臓を疲れさせてしまうので控えます。

関連記事